お野菜いっぱいのイタリア家庭料理教室です。


by cucinahiro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

豚肉と白菜のお夕飯レシピ★

f0122224_8481810.jpg


更新しよう、更新しよう、そう思いつつ、

季節は師走・・・。



1年って本当に早い。

毎日があっという間で、その連続の1年というのもあっという間。


年々1年が早くなっているような気がしているのは、
私だけではないようですが・・・056.gif




さて。

先日、シマヤ様にレシピを提供させていただきました。
(シマヤ社2009年公認のレシピ提供者として)

     http://www.buchi-umai.jp/event/01.html

シマヤ様のHPには、沢山のレシピが掲載されているので、
是非覗いてみてください001.gif
お夕飯のヒントになるかも。


今回、提供させていただいたお料理は、
普段の我が家の夕飯に登場するレシピです。
ばら肉と白菜は冬のベストコンビ037.gif
火にかけたら、菜箸いらず060.gif
後は、落し蓋に全てをゆだねて出来上がりです。





                 『白菜と豚バラ肉のうま煮』 
f0122224_1175638.jpg

◆材料(4人分)
 豚バラ肉300g
 白菜 500g(1/4個)
 大島産いりこつゆ 60cc
 酒 大1杯
 みりん 大1杯
 醤油 小1杯
 塩 少々
 水 120cc
(つゆがなければ、だし汁を使用し、酒みりん醤油等を適量増やしてください。)


◆作り方
1.白菜は7cmほどの幅に切り、
 ばら肉は5cm幅ほどにザクザク切って鍋に入れる。   
2.調味料をすべて鍋に入れてから火をつけ、
 落し蓋をして中火で15~20分ほど煮込む。
 白菜に味が染み込んだら出来上がり。
(煮汁が少ないように見えても、白菜からたっぷりと汁が出るので、
煮込み始めるとひたひたくらいの水分量になります。)




                  これだけ037.gif

◆ポイント
失敗のない料理です。
鍋を横に倒し、白菜とばら肉を端から重ねゆき、鍋いっぱいに敷き詰めてから煮込むと形が崩れずに仕上がるため、お皿に盛ったときにキレイです。

f0122224_848282.jpg

         ★            ★             ★

私は福岡県出身なのですが、福岡県では、だしを取る時に、『いりこ』をよく使います。
使い終わった後は、タッパー等に入れて冷凍庫で保存し、ある程度溜まったら、
酒・みりん・醤油・砂糖・唐辛子等で甘辛く佃煮にして食べます。

『いりこ』をダシに使うときは、頭とはらわたを取り除き、手で軽く身を裂いてから使います。
(シマヤ様の『いりこつゆ』を使うと楽ちんですね♪)

         ★            ★             ★

今回ご提供させていただいたこのレシピは、
残った煮汁は冷蔵庫に入れ、上に固まった脂を取り除いて軽く濾せば、
煮物のだし汁としても使うことが可能です。
脂は取り除いてあるので、旨みだけをプラスできる、というわけです。


教室のHPには掲載しておりませんが、
企業様・団体様向けにレシピを提供させていただいております。
見つけたら、是非作ってみてください053.gif
(教室名を一切出していないものもありますけど♪)



**************************************************
              くっちーなHIRO イタリア料理教室
               http://www.cucinahiro.com
               【主  宰】   ヒ ロ 
          【連絡先】  hirohiromi100100@yahoo.co.jp
***************************************************  
       HPへ戻る → http://www.cucinahiro.com
[PR]
by cucinahiro | 2009-12-21 22:19